集合論(第10版)の正誤表(まとめ)

バラけるのも何なんで,今後はこの記事に追記していきます.

(日付順ではなく)ページ順に並べてます.

2020-0713:21ページ 下から5行目

命題 1.2.7 の証明内

誤) したがって,$(A\cup B)\cup B=B\cup C$.

正) したがって,$(A\cup B)\cup C=B\cup C$.

2020-0316:29ページ 1行目

誤) $X$ を全体集合する

正) $X$ を全体集合とする

EMANさん,御指摘ありがとうございます.

2020-0829:54ページ 13行目

誤),条件 ( a ) により,

正)(当該箇所を削除)

2020-0724:58ページ 下から10行目

誤)$a\in f^{-1} (B_1 \cap B)\iff$

正)$a\in f^{-1} (B_1 \cap B_2)\iff$

※証明冒頭の不自然な一言は第10.1版で修正しますw

2020-0810:93ページ 上から3-4行目と下から4-3行目

誤),$\left(Q_\mu\right)_{\mu \in M}$ を $B$ の部分集合族

正)(当該箇所を削除)

2020-0810:94ページ 9行目

誤)$\left(P_\lambda\right)_{\lambda\in \varLambda}$ を $A$ の部分集合族,

正)(当該箇所を削除)

2020-0810:95ページ 2行目

誤)$\left(P_\lambda\right)_{\lambda\in \varLambda}$ を $A$ の部分集合族,

正)(当該箇所を削除)

2019-0518:96ページ 12行目

「§3.2.5 集合族の直積」の規約3.4内(下図参照)

誤)$A^n$,

正)(当該行を削除)

任意の $i,\,j\in \varLambda$ に対して,$A_i = A_j$ となるとき,$A^n$ とあらわしますが,一般にはそうではないので.

2020-0817:140ページ 1行目

誤)$\mathfrak{p}\,\mathrm{card}\, C = \mathfrak{p}$

正)$\mathrm{card}\, C = \mathfrak{p}$

2020-0820:148ページ 7行目・8行目

誤)$c\leqq c$

正)$\mathfrak{c}\leqq \mathfrak{c}$

英語アルファベットの $c$ ではなく,ドイツ文字の $\mathfrak{c}$ です.

2020-0830:156ページ 下から3行目

「定義 5.1.11 (最大要素).」内の文言

誤)任意の要素 $x$ に対して,$x \leqq a$ を満たすような $A′$ の要素 $a$ が存在するとき,

正)ある $a \in A$ が存在して,任意の $x \in A$ に対して $x \leqq a$ であるとき,

2020-0830:157ページ 9行目

「定義 5.1.12 (最小要素).」内の文言

誤)任意の要素 $x$ に対して,$a \leqq x$ を満たすような $A′$ の要素 $a$ が存在するとき,

正)ある $a \in A$ が存在して,任意の $x \in A$ に対して $a \leqq x$ であるとき,

2020-0316:219ページ 下から4行目

誤) $A\times B$ 導入した

正) $A\times B$ に導入した

ブログ村ランキング参加中
クリック↓してもらえると励みになります.
にほんブログ村 科学ブログ 数学へ
にほんブログ村
Amazonにて「素朴集合論」販売中です(Kindle版).製本版は販売休止中スマン.

コメント 返信は期待しないよーに

タイトルとURLをコピーしました